専門用語紹介

ビットデプスとは?

投稿日:

114a06b02f38d240a819db74ec557331_s

サウンドネットでの入稿ビットデプス

16/24/32bit

上記ビットデプスを推奨します。

 

ビットデプスとは?

音声データにおけるビットデプスとはビットの深度です。

最大音量と、最小音量に関わってきます。

この値が大きいほど音量の差をより繊細に捉えることが出来ます。

16と24と32

だと数字だけ見たらパっと見、変わらないように見えますが、

ビット指数は2進法ですので16bit→24bitで256倍の差があります。

技術的な詳しい話はこちら → ビットデプス/音楽制作・音響機材情報サイト(準備中)

 

 

標準の値は?

一般的な 音楽CDのビットデプスは 16bit ですので、

宅録の際は、最低限16bitといったところでしょうか。

また形式はwav(非圧縮)で収録することをおすすすめしています。

一般的なCDの規格

サンプルレート 44.1khz

ビットデプス 16bit

形式 .wav .aiff

 

音楽レコーディングでは録音自体は24bitで録音することも多くあります。

やはり音量の密度が違うとスピーカーの聴こえ方が変わってくるので、

ミックスは24bit以上でやり、マスタリングの段階で16bitに落とすというのが主流だと思います。

宅録の場合はPCスペックや、何を制作するのかを考えつつ設定して下さい。

特に分からないけど自分で最後まで制作してみたい、ディザーって何?という方は

変換の際の問題も出てくると思うので16bitでの制作をおすすめします。

 

無理は言いませんが、サウンドネットでミックス編集をサービスをご利用する方は

48khz24bitだと作業的に大変嬉しいです。

と言いつつ、入稿推奨規格でしたらどういった形でも受け付けますので、お気軽にご利用下さい。

 

サウンドネットでは歪みなく変換可能です!

ビットデプスを落とす際、量子化の歪みやエラーなどの問題が出てくると思います。

せっかく大きな値で録音・編集したのに、変換したら劣化が激しいなんてことはありませんか?

ビットデプスを落とすという行為は劣化は避けられないものです。

 

サウンドネットでは専用ソフトでディザリングを施すことにより、

音質の劣化を最小限に留めて、24bit → 16bitなどのダウンコンバートが可能となっております。

お悩みの方はお問い合わせよりご相談下さいませ。

-専門用語紹介
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© Soundnet , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.